食事と運動で健康的な身体をつくる

この記事をシェアする

食事で成長ホルモンを増やす

成長ホルモンの原料となるアミノ酸、ビタミン類をバランスよく摂取すると良いと言われています。アミノ酸を摂取するために、栄養分としてバランスがいい原料が、豚肉、鶏肉、サケ、イワシ、牛乳、たまごなどがあげられます。

その補助的な役割でβカロチンを含んだ緑黄色野菜、ニンジン、ほうれん草、ピーマン、かぼちゃなどがあげられます。そしてβカロチンは油脂と食べると九州が良いと言われています。ビタミンA、C、Eは抗酸化という面でも老化対策になるため、意識的に摂取するようにすれば、自然と成長ホルモンも増えるとことでしょう。

食事として炭水化物や油分の摂取も必要ですが、遅い時間に食事をとるのは、深い睡眠の邪魔になるため、極力避けるようにしましょう。

運動で成長ホルモンを増やす

成長ホルモンの分泌を促すためには、有酸素運動でも筋トレのどちらでもよいです。大事なことは、毎日身体を動かして運動することです。時々激しい運動をするだけでは、成長ホルモンを増やすことはできません。運動することで、身体全身に栄養を運んでもらいましょう。

効率の良い運動は、ゆっくりとした動きで十分です。有酸素運動であれば、ウォーキングや水泳、サイクリングなどが良いと思います。筋トレであれば、ゆったりとした動きで、息を止めないように心がけましょう。息を止めると動きに勢いが出るため、かえって効果的でありません。 

無理をしない程度に毎日の習慣に運動することが大切です。体を動かすことで血流も促す効果があるため、必要なことにも繋がります。