成長ホルモンが増えれば、心と身体によい!

この記事をシェアする

成長ホルモンとはなんなのか?

ホルモンとは、身体の内部でつくられている物質のことであり、いろいろな身体にある機能をコントロールしてくれる大切なものです。人間の内部には100種類以上のホルモンがあると言われており、その100種類はそれぞれの役割通りに働いているため、私の身体は正常に保たれているというわけです。

その中でも、成長ホルモンというのは、言葉通り人間の伸長を左右する役割があることで知られています。しかし、その一方で、身体にある物をエネルギーとして使える物へ変換してくれる大事な役割を担っています。そしてこれが、代謝と呼びます。

つまり、成長ホルモンはエネルギーをつくる過程において大事なホルモンであり、子供から大人まで無くてはならない、必要とされているホルモンなのです。

快眠で成長ホルモンを増やす

成長ホルモンはこの度も成長期は骨を伸ばす、筋肉などの発達に重要な役割があります。成人を過ぎれば、代謝を促すという役割を担います。この、役割は20歳を過ぎたあたりから、成長ホルモンの分泌量は減少していくのですが、規則正しい、健康な身体を保っていれば、ある一定の成長ホルモンは維持できます。

そのためには、深い眠りが大切だと言われています。では、深い眠りにつくためにはどうしたらよいのか。普段の心掛けが大事です。適度な運動はもちろんのこと。毎日同じ時間帯に眠りにつく習慣をつけ、リラックスな状態から部屋を真っ暗にして眠ることが大事です。テレビや電灯をつけっぱなしで寝ることはできても、快眠を得られることはありません。