成長ホルモンの大事さ

成長ホルモンとは、筋トレや有酸素運土などのトレーニングにより分泌されるホルモンが体に影響を及ぼすと言われています。体を動かすことにより、ホルモンの分泌が活性化される、それが成長ホルモンというわけです。

成長ホルモンはタンパク質をつくり筋肉をつけたりすることの役割だったり、脂質代謝をアップさせて、体脂肪の数値を抑えたり、脂肪を分解させる働きがあると言われています。しかし、歳とともに成長ホルモンは分泌量が低下していくものであり、分泌が少なくなると、やる気がそがれたり、情緒不安定なりイライラしたりなどのメンタルな部分にも影響を及ぼすとも言われています。

しかし、身体を動かすトレーニングによって、心も身体も良い方向へ改善してくれます。それは、ホルモンが身体にも心にも影響を与えているとも言われています。それどころか、成長ホルモンには肌再生の働きもあり、老いへの抑制にも一役かっているとも言われています。

このことから、成長ホルモンの分泌が低下するということは、脂肪の分解する力が低下するということでもあり、お腹回りや二の腕などに脂肪がつきやすいということでもあり、脂肪燃焼をされにくいという悪循環により新たな筋肉もつきづらくなる。

そして、身体の代謝が落ちるということにも繋がり、身体だけではなく血流が悪くなり顔がむくんだり、肌が乾燥しやすくなるという原因もなり、精神的にも落ち込みやすくなるなどの悪影響を及ぼすこともあるそうです。

成長ホルモンが増えれば、心と身体によい!

成長ホルモンという言葉を初めて聞く人もいると思います。成長ホルモンは子供のころは身長をのばすのに大きくかかわってきます。しかし、成長期が過ぎた成人には身体にエネルギーをつくるという役割があります。それは、子供にも大人にも、老若男女問わず、必要なホルモンであるということ。

食事と運動で健康的な身体をつくる

健康な身体と精神を身に着けるのならば、健康的な生活をしなければならない。不摂生な生活を送りながら、健康になりたいというのはお門違いでありましょう。健康的な食事、そして適度な運動。毎日の習慣に取り込んでさえいれば、健康な身体は手に入れられる。健康的な身体は老化さえも防いでくれる。

生活習慣とサプリメント

成長ホルモンを増やす、3つのポイントを述べたように、できることからやっていくことが大事であり、あとはそれらを継続することが大切。健康的な身体を維持するためには、まず、健康的な生活を習慣づけることからはじめてみましょう。できない部分はサプリメントを使用して、健康生活を補っていただこう。